【同棲の挨拶当日までの準備完全マニュアル】コロナ禍での方法やおすすめの手土産を解説

2021年5月に同棲の挨拶をしてきました。ざきずです。

  

パートナーの両親に会うのって緊張しますよね。(もちろん、自分の両親に会ってもらうのも。)

上手く話せなかったらどうしよう、認めてもらえなかったらどうしよう、と不安は尽きません。

  

かくいう私もその一人でした。

彼女からは、「父親とは絶対に合わないと思う」と言われ、

彼女の父親からは、「コロナ禍なんだから車を買って娘を家に迎えに来るくらいの誠意を見せろ」と言われていたので、会うことすら恐ろしいと思っていました。

   

そんな私でしたが、同棲の挨拶の時には彼女の両親と仲良く話すことができ、同棲をばっちり認めてもらうことができました。

  

ざきず
ざきず

緊張したけど、私も彼女も、挨拶をしてよかったと思ってるよ!

  

今回は、私の実体験や相談に乗ってもらった先輩たちの経験を基に、同棲の挨拶当日までにどんな準備をすればいいのかを解説します!

   


この記事を読んで実践し、幸せな同棲ライフをつかみ取りましょう!

  

同棲の挨拶当日の流れを知りたい方は以下の記事をご覧ください!

  

同棲の挨拶は必要?

  

結論から言うと、同棲するのであれば挨拶に行くことをお勧めします!

  

自分も相手も成人した大人だし、同棲くらいでわざわざ挨拶する必要ある?と考える方もいると思います。

  

平成生まれ世代であれば、同棲することをそれほど重く感じていないのではないでしょうか。

実際、私もそう考えていました。

  

しかし親世代は、同棲に対してシビアな考えをする方が少なくありません。

私の職場の先輩方にも、「結婚するつもりがあるのなら同棲を挟まずに結婚すればいいじゃん」という方や、「結婚もせず一緒に暮らすなんて、都合のいい相手だと思われてる?」と心配に感じている人がいました。

  

結婚って、二人だけでするものではなく、家族も含めてするものですよね。

  

パートナーの両親に訝しまれた状態で同棲生活や結婚生活を心から楽しめるでしょうか?

 

もし、あなたが将来的に結婚を見据えて同棲をするつもりなら、両親への挨拶は必須と言えますね。

 

もちろん、結婚のことはまだ考えられないけど、一緒にいる時間を増やしたいから同棲したいというカップルにとっても、両親に挨拶にいくことは巡り巡って自分たちの幸せな暮らしに繋がっていくはずです。

  

地元が遠方で直接、挨拶に行くことができない場合もあるでしょう。特に今はコロナ禍ということもあり挨拶することが難しい状況です。

  

そういった場合は、まずは簡単に電話で挨拶を済ませたり、手紙を書いたりするだけでも印象は良くなるのでぜひトライしてみてください。

  

コロナ禍での同棲挨拶の詳しいやり方は、以下の記事で紹介しているのでぜひチェックしてみてください!  

  

ここからは、同棲挨拶のメリットとデメリットについて説明していきます!

  

1.同棲挨拶のメリット

  

同棲挨拶のメリット3選!

① 堂々と同棲を始められる

② いざという時に両親の手を借りやすい

③ 結婚するときにスムーズに進む

   

① 堂々と同棲を始められる

  

両親に内緒で同棲を始めるのは、成人したいい大人といっても後ろめたいものです。

  

せっかくの楽しい同棲生活を満喫できないのはもったいないですよね。

  

大手を振って堂々と、2人で楽しく暮らしたいのであれば、両親への挨拶はしておくべきでしょう。

  

② いざという時に両親の手を借りやすい

  

いくら成人したとはいえ、親にとって子どもはいつまでも子どもです。

  

しっかりと同棲することを伝えて認めてもらえていれば、親はいつでも助けになってくれます。

  

少し現金な話になりますが、私の両親は、早くも同棲開始祝いに何か欲しいものはないかと聞いてきてくれました。笑

  

③ 結婚するときにスムーズに進む

  

挨拶の際に、自分の身の上話や結婚の意思があることを伝えておくと、将来結婚するときに物事をスムーズに進めることができます。

  

同棲の挨拶をきっかけにお互いの両親との交流を深めておけば、結婚後も良好な関係を築き上げていくことができるはずです。

  

2.同棲挨拶のデメリット

   

同棲挨拶の段階で、まだ結婚を意識していない場合は、挨拶したことによって親が先走ってしまうことが考えられます。

   

同棲 = 将来は結婚、という風に受け取られてしまうと、急かされたりプレッシャーになってしまうことがあるかもしれません。

  

現段階で結婚を考えていない場合は、挨拶の前に、親が先走らないように根回しをしておいたほうがいいでしょう。

  

まとめ

・同棲するのであれば挨拶に行くべき!

・コロナ禍や挨拶先が遠方の場合は、電話や手紙でもOK!

   

同棲の挨拶のベストタイミング

  

挨拶のベストタイミングは、ズバリ新しい家を探す前です!

  

具体的には、引っ越しの2か月ほど前がいいと思います。

  

新生活ともなれば、物件探しから家具・家電選び、インフラの契約変更手続きなど準備することは盛りだくさんです。

  

余裕をもって同棲の準備に取り掛かるために、引っ越しの2か月前に挨拶をするのがおすすめです!

  

もし、2人で住む家を決めてから同棲の挨拶したとしたら、親からは「事後報告か…」と思われてしまうかもしれません。

  

ざきず
ざきず

挨拶は、新しい家を決める前にしておこう!

  

同棲の挨拶当日までに準備しておくこと

  

挨拶当日までに準備しておくことはたくさんありますが、下記のステップで進めれば、成功間違いなしです。

  

同棲の挨拶をしたいことを挨拶先の両親に伝える

挨拶の日取りやどこで会うのかを決めよう

手土産を事前に準備する

挨拶に行く両親の好みに合わせて、手土産を準備しよう

身だしなみを整えておく

当日になって困ることのないようにあらかじめ清潔感のある髪型にし、服装も決めておこう

パートナーと挨拶当日に話す内容を相談しておく

ふたりのなれそめや同棲後の将来設計について話し合っておこう

    

詳細は下記の通りです。

  

1.同棲の挨拶をしたいことを挨拶先の両親に伝える

   

まず最初にするべきことは、同棲の意思があることを両親に伝えることです!

  
その後、パートナーに会って欲しいことや具体的な日程、場所について決めていきましょう。

  

このステップは、挨拶先の子どもの方が頑張るところですね。

  

挨拶の場所については、お互いの実家が一般的です。

  

しかし、お店を指定されたり、お店選びを任されたりすることもあるので、臨機応変に対応することが大切です。

  

お店選びを任された場合は、個室のある落ち着いた雰囲気の店を選ぶのがおすすめです。

  

ざきず
ざきず

私たちは、個室のある和食店で挨拶をしたよ!

  

2.手土産を事前に準備する

  

挨拶の準備を進めていくうえで、意外にも頭を悩ませるのが手土産です。

  

これに関しては、正解がはっきりしていないので難しいですが、おすすめの選び方をお教えします!

  

手土産のおすすめの選び方

① 両親の好みをリサーチし、その中から選ぶ

② 地元の名産品から選ぶ

  

①の方法で、両親の好きなものを送れば喜ばれること間違いなしです。

  

②の方法は、自然な流れであなたの生い立ちなどの話題にも持っていけますし、その土地ならではの名産品は、もらって嬉しいものです。

  

その他のポイント

① 手土産の値段の目安は、3,000円~5,000円程度

② 挨拶先の家の近くで慌てて手土産を買うのはNG

③ 基本的に熨斗紙をかける必要はない(かける場合は、紅白5本蝶結びの熨斗紙を選び、表書きに自分の名前と「御挨拶」と書けばOK)

  

ざきず
ざきず

私は、パートナーの父親が好きなお酒と母親が好きなおせんべいをそれぞれ用意したよ

  

3.身だしなみを整えておく

  

バタバタ準備をしていると、忘れがちなのが身だしなみです。

  

早めに清潔感のある髪型になるように美容室へ行き、挨拶当日を意識して服装も決めておきましょう。

  

同棲の挨拶であれば、服装はオフィスカジュアルがおすすめです!

  


スーツだとカチッとしすぎていて相手も身構えてしまい、会話も弾みにくくなってしまいます。反対に、カジュアルすぎる服装では、相手の両親に不信感を持たれてしまう可能性があるので避けましょう。

  

ざきず
ざきず

最初はスーツで行こうと思っていたけど、先輩たちから「スーツは結婚などのもっと然るべき時にとっておいたら?」とアドバイスをもらってジャケパンスタイルで行ったよ

  

4.パートナーと挨拶当日に話す内容を相談しておく

  

就職活動やアルバイトの面接などと同じように、同棲挨拶の際によく聞かれる定番の質問があるので、どのようなことを話すのかある程度決めておきましょう

  

同棲する理由や将来設計などは定番の質問の1つですが、回答に口ごもってしまったり焦って変なことを言ってしまったりすると、「同棲させてだいじょうぶかな?」と不安にさせてしまいます。

  

両親に同棲を快く認めてもらうために、定番の質問だけでも対策をしておきましょう!

  

同棲挨拶で聞かれる定番の質問

① あなた自身のこと

② なれそめ

③ 同棲する理由

④ 将来設計

  

① あなた自身のこと

  

やはり一番気になるのは、自分の子どもと恋人関係にある、あなた自身の人となりについてです。

  

どこで生まれたのか、どういう性格なのか、どんな仕事をしているのか、とたくさんのことを聞きたいと思っているはずです。

  

見栄をはっても後でバレてしまうので、正直にありのままの自分について話すことができれば、あなたのパーソナルな部分をわかってもらえるでしょう

  

「この人なら大丈夫だ」と安心を感じてもらえたら、同棲を認めてもいいと思ってもらえるに違いありません。

  

② なれそめ

  

どこで出会って、どんなところを好きになったのか、というのは親の立場なら気になりますよね。

  

基本的にはこの質問に関しても、正直に答えればそれでOKです。

  

しかし、最近では普通になってきたもののマッチングアプリなどのインターネット上での出会いは正直に話しづらいものです。

  

親世代の方たちからは、不信感を持たれる可能性もあります。

  

なのでその場合は、「共通の趣味または共通の友達がきっかけ」で、という風に話すのが無難です。

  

多くのカップルが、共通の趣味を持っているでしょうし、お互いの友達を紹介しあったりしていると思うので全くのウソというわけでもなく、話しやすいと思います。

  

ざきず
ざきず

私たちの出会いはインターネット上だったので、共通の友人の紹介と話したよ

  

③ 同棲する理由

  

なぜ同棲をしたいと思ったのかは、気になるポイントの一つですよね。

  

同棲の挨拶をしようと考えてこの記事を読んでくださったみなさんには、同棲をしたいと考えた理由が必ずあるはずです。

  

同棲したい理由を正直に答えればいいわけですが、伝え方には少し気を付けましょう。

  

例えば、「もっと一緒にいたいと思ったからです」は、「一緒に生活することで、お互いのことをもっと知りたいと考えたからです」のように言い換えましょう。

  

後者の方が、誠実さが伝わってくるのではないでしょうか。

  

パートナーと、なぜ同棲するに至ったのかを事前に話し合っておいて、より良い返答ができるようにしておきましょう。

  

④ 将来設計

  

同棲の挨拶の前に、最も話し合っておかなければならないのが将来設計についてです。

  

同棲の際にはどこに住むのか、同棲を始めてから結婚までの期間は、お互い仕事はそのまま続けていくのか、などお互いの認識をすり合わせておかなければなりません。

  

もちろん、同棲したら結婚しなければならない、ということではありませんが、いつまで同棲生活を続けるのかは、具体的な目安を決めておきましょう。

  

将来設計の考えのずれは、重大なケンカに発展しかねません。

  

今のうちに話し合いをして、考えのずれを修正しておくのが吉です!

 

また、将来設計について真剣に考えていると、あなたたちの本気度を感じてもらえて同棲を認めてくれるはずです。

  

ざきず
ざきず

私たちは、同棲を始めて半年から1年くらいで籍を入れようと考えているよ

  

同棲の挨拶当日までに準備しておくこと まとめ

① 同棲の挨拶をしたいことを挨拶先の両親に伝える

  挨拶の日取りやどこで会うのかを決めよう

② 手土産を事前に準備する

  挨拶に行く両親の好みに合わせて、手土産を準備しよう

③ 身だしなみを整えておく

  当日困らないように清潔感のある髪型にし、服装も決めておこう

④ パートナーと挨拶当日に話す内容を相談しておく

  ふたりのなれそめや同棲後の将来設計について話し合っておこう

  

同棲挨拶を成功させるために

  

ここまで読んでくださった方々は、同棲について本気で考えている人たちだと思います。

  

最後に一つ伝えたいことは、同棲の挨拶は片方が頑張ればなんとなかるというものではないということです。

  

二人の協力なくして、同棲挨拶の成功はあり得ませんし、同棲を始めることができたとしてもその先でつまづくことになるはずです。

  

この記事について2人で共有して、どんなことを準備しなければいけないのかについて話し合ってください。

  

そして、ぜひこの記事で学んだことを実践して、同棲挨拶を大成功させてください!

  

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  

同棲挨拶の準備が終わったら、次は同棲挨拶の当日の流れを確認しておきましょう!

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA