20代サラリーマンが知識0から副業としてブログを始めたきっかけとおすすめ理由

ざきずです!
  

唐突ですが、皆さんお金は好きでしょうか!?

私は大好きです!!
  

好きなものを買ったり、おいしいものを食べたり、将来のために貯金したりと、何をするにもまずはお金が必要ですよね。

  

そんな中で、本業の収入だけでは元手が足りないと感じる人や、そもそも副業を始めようにも時間がないよ、副業禁止なのに会社にばれたらどうするの!?

という人は多いと思います。私もその中の一人でした。

  

そこで今回は、アメーバブログやFC2ブログなどもやったことがなかったブログに対して知識0の私が、なぜブログを始めたのかについて下記のステップでお話していきたいと思います!

そもそも副業って必要?

  

普段本業で働いてるにもかかわらず、別で時間を作ってまで本当に副業をやる必要があるのでしょうか?

副業の必要性を考えるにあたって、まずは平均的な生涯年収と生涯支出について学んでいきましょう。

 

生涯年収

  

独立行政法人労働政策研究・研修機構によると、「大学・大学院を卒業し、フルタイムで正社員を続けた場合の60歳までの生涯賃金(退職金を含まない)」は、男性で約2.7億円、女性で約2.2億円とされています。

一見、高額な収入を得ることができて、老後も安心なように感じますね!

 

しかし、これは額面上の生涯年収であるため、社会保険料や所得税・住民税などで、給与総額の2~3割程度が差し引かれてしまいます。

そのため、生涯の手取りは、男性で約1.9億~2.2億円、女性で約1.5億~1.8億円と予想されます。

     

あれれ、少し不安になってきました。

しかも、非正規社員の場合は、ここからさらに1.0億円ほど収入が下がると言われています。。。

   

大卒以上正社員の生涯の手取り額

 男性 : 約1.9億~2.2億円

 女性 : 約1.5億~1.8億円

 非正規社員は上記から1億円ほど低い可能性があります。

   

気を取り直して、次は生涯支出について見ていきましょう!

  

生涯支出

   

総務省の家計調査によると、2021年における2人以上の勤労世帯の生涯の消費支出は、約3億円になります。

 

また、子どもが1人増えるごとに約1,000万円は支出に含めておきたいところです。さらに、生命保険に加入している場合は、プラス約1,000万円です。

 

ライフイベント毎の支出額

 生涯の生活費 2.4億円

 結婚式、披露宴 350万円

 住宅購入費用 4,000万円

 教育費用(子供1人当たり) 1,000万円

 親の介護費用 500万円

  

気づいた方もいるかもしれませんが、個人の収入だけでは生涯支出を補いきれない可能性が高いのです!

ではどうすればいいんでしょうか?

  

そこで必要になってくるのが、副業による収入の増加になります。もちろん、ほかにも共働きや資産運用による収入増加という手もあります。

  

まとめ

 本業だけでは不足する支出を副業で補填する必要がある!

  

副業禁止や時間のないサラリーマンでも副業できる?

  

副業に興味を持っているのに始められない人は、下記の悩みを抱えているひとが多いと思うので、これについて順に解説していきます。

 

  • 会社の規則で副業が禁止だけどバレない?
  • 本業が忙しくて時間がない

  

会社にバレずに副業するためのポイント

  

結論から言うと、これから話す3つのポイントを実践すれば副業バレすることは99%あり得ません。

が、まずはなぜ副業バレが起こるのかについて覚えておきましょう。

 

私たち会社員のほとんどが、各種税金を給料から天引きする形で支払っています。そして、本業と副業の2カ所で収入が発生すると、その分住民税も2カ所で発生します。

   

しかし、副業の住民税は、より収入が多いはずの本業の会社経由でまとめて支払うのが一般的です。その際、経理担当者が「この社員は住民税が異常に高い」と気付き、副業がバレることがあります。

 

では、これから副業バレを防ぐ3つのポイントについて話していきます。

 

副業バレを防ぐために守るべき3つのポイント

① 住民税の納付方法を「普通徴収」にする

② 副業報酬は給与として受け取らない

③ 副業していることを公言しない

   

住民税の納付方法を「普通徴収」にする

  

住民税の納付方法には、「特別徴収」と「普通徴収」の2種類があります。

  

このうち、「特別徴収」が前述の本業と副業で発生した住民税を、本業の給与天引きによって支払うバレる方法です。

  

それに対して、「普通徴収」は、市役所から[副業分の税金を納めてください]という手紙が届くので、それをもとに自分で銀行やコンビニで納付する方法です。

本業分の住民税は、従来通り給与天引きされるため、これだけで経理担当者に副業はバレなくなります。

  

副業収入は給与として受け取らない

  

副業の中でも、比較的メジャーな方法がアルバイトです。

アルバイトをすると労働報酬が給与所得として支払われます。

  

一見当たり前のことのように聞こえますが、これが落とし穴になります。

なぜなら、上述した普通徴収による納付方法は、副業で得た収入の種類が「給与所得以外」の場合にのみ使用することができるからです。

  

そのため、もし会社にバレないように副業をしたいのであれば、アルバイトではなく、雑所得として収入が得られるインターネット上で可能な副業を選んだほうが良いということになります。

 

副業していることを公言しない

  

副業バレの大きな原因の1つに、自ら副業について話してしまうことがあります。

 

どんな人でも副業が上手くいくと、ついつい誰かに自慢したくなってしまうものです。

口は災いの元とはよく言ったもので、信頼しているたった1人だけに話したつもりでも、気づいたら全員に広まってしまっている、という可能性が高いです。

 

休憩時間の雑談程度に話したことでも、副業で儲けている話は妬みや反感の的になりやすいです。会社にバレたくないのであれば、どんなに仲が良かったとしても同僚に話すのはやめておきましょう。

 

まとめ

 3つのポイントを守れば、副業バレは基本的に起こらない!

① 住民税の納付方法を「普通徴収」にする

② 副業報酬は給与として受け取らない

③ 副業していることを公言しない

 

本業が忙しくて時間がない

 

本業の残業が多くて、副業をする時間を作り出せる気がしない、、、という方は多いと思います。

かくいう私も、会社から帰宅した後、ご飯とお風呂を済ませると寝るまでの時間が1時間程度しかないということは多々あります。

 

そんな人たちは、どうすればいいんでしょうか?

本業を効率よく終わらせて時間を作るのもいいと思いますが、最も良い方法は、自分の好きなことや興味のあることを副業にすることだと思います。

  

好きなことであれば、時間のない中でも苦になりませんし、逆に副業をしているのに本業のリフレッシュになるということもあります。

 

稼ぎたいという理由だけで、やりたくないことを副業として始めることはおすすめできません。

好きなことでなければ、継続的に稼ぎ続けることは難しいです。

   

まとめ

 副業には、自分が好きなことを選ぼう!

 

おすすめの副業は?

 

上記の内容を踏まえて、おすすめの副業をピックアップしました!

  

おすすめの副業8選

① せどり

② ハンドメイド

③ webライター

④ アフィリエイトブログ

⑤ youtube

⑥ プログラミング

⑦ webデザイン

⑧ デジタルコンテンツ販売

 

これらの副業は、在宅でできて、副業を始めるための初期費用もほとんどかからず低リスクであるためおすすめです。

また、① ~ ③は始めればやった分だけすぐに収入に繋がるのに対して、④ ~ ⑧は一定の収入を得るために時間がかかりますが、一度収入が安定すれば何もしない日にもお金がを生むようになるのが特徴です。

しかし、やり方次第では、① ~ ③の副業も何もしない日にもお金を生むようにすることは可能です。

  

まずは、上記の中から、興味があるものを始めてみてはいかがでしょうか。

  

私がブログに決めた理由

  

ブログを始めた最大の理由は、当たれば月収100万円以上も夢じゃない!からです。

もちろん、ブログの他にyoutubeなども月収100万円の可能性はあります。

  

youtubeではなくブログを選んだ理由としては、私が文字を書くことが好きだったからです。ブログもyoutubeも、お金を稼げるようになるまでものすごく時間がかかります(およそ1年程度)。

  

youtubeは今後どんどん伸びていく市場で、成長性でいえばyoutubeに軍配が上がると思いますが、継続できなければ意味がないので自分に合っていそうなブログを始めることにしました。

 

他にもブログの良いところに、始めるのに専門的な知識が必要ないことがあります。

もちろん、ブログ開設のためにサーバーの設定方法やブログの書き方などの知識は必要ですが、Googleで調べればすぐに分かることばかりでした。

私でも知識0の状態から簡単に始めることができたので、サーバーってなに!?という人も安心してください。

  

また、初期費用がサーバー・ドメイン代を含めて月額1,000円程度なのもおすすめ理由の一つです。年間契約すれば、月当たり800円程度まで安くなります。

   

ブログのメリット

① 月収100万円以上も夢じゃない

② 専門的な知識が必要ない(Googleで検索すればすぐに分かることが多い)

③ 初期費用が月額1,000円程度で済む

   

ブログのデメリット

① 稼げるようになるまで時間がかかる

② 文章を書くのが嫌いな場合は続けられないかも、、、?

  

ここまで読んでくださった方は、強く副業に興味を持っている方たちだと思います。

長々と悩む時間はもったいないです。今回紹介した副業は、どれも初期費用が安いので失敗してしまっても大きな損失になることはありません。それどころか、失敗したとしてもそこで積んだ経験や始めたことに価値があると思います。

 

失敗したら次の副業に生かせばいいんです。

まずは、始めてみましょう。最初の頑張りが、後になって大きな成果を生むはずです。

  

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA